Ruby on Rails 4 環境構築メモ

Ruby on Rails 4 の環境を構築するときにすべきことのメモです。OSは CentOS 6.5です。必要なYumパッケージは予めインストールされているものとします。

◇rbenv のインストール

$ git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git .rbenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
$ source .bashrc 
$ exec $SHELL
$ git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

◇rbenv でインストールできる Ruby のバージョンを確認し、Rubyをインストール

$ rbenv install -l
$ rbenv install 2.0.0-p353
$ rbenv rehash

◇使用するRubyのバージョンを指定、バージョンを確認

$ rbenv global 2.0.0-p353
$ ruby -v

◇Bundler と Rails をインストール

$ gem install bundler
$ gem install rails -v 4.0.2

◇Node.js をインストールするために nvm をインストール

$ git clone https://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm
$ source ~/.nvm/nvm.sh

◇利用できるNode.jsのバージョンを確認し、インストール、使用バージョンを指定

$ nvm ls-remote
$ nvm install v0.10.34
$ echo 'source ~/.nvm/nvm.sh; nvm use v0.10.34 > /dev/null' >> .bashrc
$ source .bashrc

◇新しいプロジェクトを作成する
Rails標準のテスト機能は利用せず、RSpecを利用する。
Ruby環境にGemがインストールされないようにする。

$ mkdir some_dir
$ cd some_dir/
$ rails new new_project --skip-test-unit --skip-bundle
$ cd new_project

◇Gemfile を編集する

source 'https://rubygems.org'

# Bundle edge Rails instead: gem 'rails', github: 'rails/rails'
gem 'rails', '4.0.2'

gem 'sqlite3'
gem 'sass-rails', '~> 4.0.0'
gem 'uglifier', '>= 1.3.0'
gem 'coffee-rails', '~> 4.0.0'
gem 'therubyracer', platforms: :ruby
gem 'jquery-rails'
gem 'turbolinks'
gem 'jbuilder', '~> 1.2'
gem 'rspec'
gem 'bootstrap-sass'
gem 'font-awesome-rails'

group :doc do
  # bundle exec rake doc:rails generates the API under doc/api.
  gem 'sdoc', require: false
end

◇.gitignore に次の設定を追加する

# Ignore other unneeded files.
vendor/bundle
doc/
*.swp
*~
*#
.project
.DS_Store
.idea

◇最初のbundleを実行する
初回はオプションに –path=vendor/bundle を必ず追加する。
この設定は .bundle/config に書き込まれるので2回目以降は不要。

$ bundle install --path=vendor/bundle

◇Gitのローカルリポジトリを作成し、最初のコミットを行う

$ git init
$ git add .
$ git commit -m "Initialized git repository."

◇Bootstrapの設定を行う
– app/assets/stylesheets/application.css に次の行を挿入

 *= require bootstrap

– app/assets/stylesheets/application.css.scss に次の行を追加

@import 'bootstrap';

– app/assets/javascripts/applications.js に次の行を追加

//= require bootstrap

◇Railsの実行は “bundle exec” を使う。環境はdevelopmentを指定する。

$ RAILS_ENV=development bundle exec rails server

◇RailsアプリケーションにアクセスするURLは次の通り

http://localhost:3000/

Ubuntu をメインマシン&ウェブサーバにする

これまで、自宅のデスクトップ・メインマシンは Windows XP の自作機(「デスクトップ」)、自宅サーバは Ubuntu 8.04 をインストールした古いサーバ機(「旧サーバ」)を使ってきた。いろいろな動機で、この2台を一つにまとめてみたくなった。まず、2台を動かすのは電気代がもったいないということ。次に、XPではなく、Ubuntu をメインマシンとして使ってみたいという好奇心。三番目に、仮想マシンで動作するXPがどこまで使えるものかを試したいということだ。

Ubuntu のデスクトップ

当然ながら、旧サーバの使用を止め、使用中のデスクトップに Ubuntu を入れるということである。また、Ubuntu の仮想マシンとして Windows XP を動作させるのである。そのために行わなければならないことはざっと次にようになる。
続きを読む

Vaio P に Ubuntu 10.04 Netbook Edition を入れた!

前の記事で書いた、Vaio type P に Ubuntu 10.04 Netbook Edition をインストールした(Vaio type P に Ubuntu 9.10 を入れて快適モバイル)。インストールの手順はほぼ前回通りだ。ただし、今回は日本語Remix CDを使わず、Ubuntu本家(英語版)サイトから Ubuntu 10.04 Netbook Edition をダウンロードしてインストールした。日本語Remix と同じ環境になるように次のページに書いてある手順を実行した。

ログイン後に表示されるトップメニューはこんな感じ。小さい風車のようなマークは起動中のアプリケーションを表す。
トップメニュー
続きを読む

Vaio type P に Ubuntu 9.10 を入れて快適モバイル

社長が使わなくなったVaio type Pを貸してくれた。OSがVistaでものすごく遅いマシンだ。そこで、Ubuntu を入れてみた。無線LANの接続が不安定だったり、音が出なくなったりすることもあるが、ウェブのブラウズをしたり、メールチェックをするのには十分快適だ。手順を書いてみる。
Vaio type P
続きを読む

PuppyLinux でネットラジオ再生

古いPCをネットラジオ再生機にという記事の捕捉です。

PuppyLinux 4.0を入れてインターネットラジオを再生する手順は次のようになります。

1. USBオーディオ・アダプタを取り付ける
2. ALSAサウンドウィザードを実行する
3. PETget パッケージマネージャで xine-plugin-1.0 をインストールする

続きを読む

Ubuntuで自宅サーバ (2) メール中継が問題だ

Ubuntuで自宅サーバ、の2回目である(第1回はこちら)。今回は、自宅サーバをインターネットに公開するために最低限必要な作業と解決すべき課題を整理したい。

まず、必要な物品はブロードバンドルータを介してインターネットに常時接続されているサーバマシンである。スペック的には最新のものでなくても大丈夫。大体次のようなマシンであればなんとか動くはずだ。
続きを読む

Ubuntuで自宅サーバ (1) なぜ自宅サーバか

フリーのLinux系オペレーティングシステム Ubuntu 8.04 を導入した自宅サーバで、オープンソースのコンテンツ管理システム Drupal を使い、個人サイト「未来からの記憶へ」 (http://peace.junyx.net/) を、開設した。実際は先日リンククラブのL.H.X. サーバで作成したものを自宅サーバに移転したわけだ。なぜ、L.H.X.ではだめだったのか。自宅サーバを公開するに当たり、克服すべき課題は何か。今回はまず、L.H.X.から自宅サーバに変更した理由を述べる。

最初に書いておくが、L.H.X.はすごいサービスである。ディスク容量は60GBもあるし、ドメインも作り放題だ。OSも CentOS 5 で、搭載しているアプリケーションも新しい。ディスクも二重化してあり、データの信頼性も抜群だ。しかし、残念ながらぼくのニーズには次の点で合わなかった。

続きを読む

古いノートPCをネットラジオ再生機に

家の中で使わないまま、ずーっと眠っていたノートパソコンがあります。PanasonicのCF-M2Cというマシンです。2000年頃に購入したもので、OSはWindows 98、CPUクロックは500MHz。メモリは目一杯積んで192MBしか入らない機械です。Windows XP発売後すぐに苦労してインストールし、メインの仕事用マシンとして2~3年使いました。

http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=CF-M2C

その後、新しいPCを購入したりなどしたため、お蔵入り。しばらくは、妻のセカンドマシンとして利用されていましたが、それもおしまい。
とはいえ、せっかくPCがあるのですから、何かの役に使いたい。というわけで、非力なCPU、少ないメモリでもサクサク動くというPuppy LinuxというOSを1ヶ月くらい前にインストールしました。

続きを読む