解約したW-ZERO3をラジオチューナーに

ウィルコムのW-ZERO3というモバイル端末をご存じだろうか。今年4月に解約して以来、特に使うこともなく棚の奥にしまい込んだままになっていた。しかし、購入したときの値段は4万円もしたし、一緒に買った1GBのMiniSDカードはそれだけで1万円もした。さすがに、ホコリをかぶらせるだけではもったいないと思い、再利用することにした。

思いついた用途はインターネットラジオの端末。W-ZERO3は音質がよいのでオーディオ用途にはぴったりなのである。リビングにはちゃんとしたオーディオセットがあり、そこでインターネットラジオを聴く方法を色々と模索していたが、これはちょうど良いではないか。そこで、まずは情報収集。

なんと、ウィルコムからその名もまさに「インターネットラジオプレーヤー」というソフトが無料公開されているではないか。早速ダウンロード、と勇み立ったが、ウィルコム公式サイトにどうしても接続できない。ここはPHS回線のインターネット接続を通じてしかアクセスできないようになっているようだ。残念。

次に見つけたのが、Resco Pocket Radio というソフト。シェアウェアで2,618円かかるが、フリーソフトで色々と苦労するよりは使いやすいので購入決定。まずは無料試用版をダウンロードして問題なく動くかを試してから費用をネット送金。送られてきたURLで正規版をダウンロードしてインストール。W-ZERO3をリビングのオーディオセットに接続した。これでW-ZERO3のネットラジオ化は完了。

ついでに、ウィルコムファンで紹介されていたOrbというソフトも導入することにした。書斎PCのiTunesに溜め込んでいる音楽ファイルをリビングのW-ZERO3で聴こうというのである。こちらは、メインで使っているWindows PCを自分専用のネットラジオ放送局にしてしまうというソフトで、W-ZERO3側には何もインストールする必要がない。

指示に従ってパソコン側で設定をした。W-ZERO3で指定のURLにアクセスし、ユーザ名とパスワードを入力すると、無事iTunesライブラリの音楽を聴くことができた。めでたしめでたし。ちなみに、自宅のパソコンが常時立ち上がっている状態であれば、インターネットにつながっているパソコンさえあればどこにいても自分の音楽ライブラリを楽しむことができるのだ。すぐれものサービスである。

というわけで、リビングでネットラジオを高音質で楽しんでいる。使わなくなったW-ZERO3をお持ちの方はどうぞお試しあれ。

コメントを残す