Vaio P に Ubuntu 10.04 Netbook Edition を入れた!

前の記事で書いた、Vaio type P に Ubuntu 10.04 Netbook Edition をインストールした(Vaio type P に Ubuntu 9.10 を入れて快適モバイル)。インストールの手順はほぼ前回通りだ。ただし、今回は日本語Remix CDを使わず、Ubuntu本家(英語版)サイトから Ubuntu 10.04 Netbook Edition をダウンロードしてインストールした。日本語Remix と同じ環境になるように次のページに書いてある手順を実行した。

ログイン後に表示されるトップメニューはこんな感じ。小さい風車のようなマークは起動中のアプリケーションを表す。
トップメニュー

さて、10.04 になって良かったことは、無線LANと音声再生の安定度が格段に増したこと。どちらも、使っている最中に「落ちる」ということがない。これは 9.10 と比べて、Netbookユーザにとっては大きな進歩だ。

Netbook Edition を選んで良かったことは、圧倒的な操作のしやすさ。通常のデスクトップ版では小さなプルダウンメニューから目的のアプリケーションを探して起動しなければならず、結構ストレスになっていた。Netbook Edition では、大きなアイコンをシングルクリックすればアプリケーションが開くのでありがたい。また、よく使うアプリケーションは「お気に入り」に入れておけばすぐに起動できる。

キャプチャーした画面をいくつか紹介しよう。

「システム」のメニューを開くとこうなる。たくさんのアイコンがあって賑やかだ。
メニュー(システム)

音楽と、インターネットラジオの再生には Rhythmbox Music Player を使う。大好きな RadioParadise.com も設定できた。
Rhythmbox Music Player

ブラウザはもちろん Firefox。
Firefox

メールクライアントは、デフォルトの Evolution を使わず、Thunderbird を使うことにした。そのままではメニューが全部英語なので、「Ubuntu9.10:Thunderbirdの日本語化」を参考に、日本語表示にした。
Thunderbird

Twitter のクライアントとしては、最初から Gwibber がインストールされているが、TL更新時にものすごく重くなるので使用をあきらめた。ここは Firefox で Hootsuite を使うことにした。
Hootsuite

Netbook が遅くてお困りの方は一度試してみてはいかがだろうか。

Vaio P に Ubuntu 10.04 Netbook Edition を入れた!” への5件のコメント

  1. ピンバック: Tweets that mention WordPressな日々 » Vaio P に Ubuntu 10.04 Netbook Edition を入れた! -- Topsy.com

  2. こんにちわ、私は起動USBを作りLenovoのNetbookで遊んでいます。
    Netbook版は言われる通り画面の構成は簡素に出来上がっていて、とても
    使い易いですね。ところで日本語はHDDにインストールしない限りは使え
    ないものでしょうか? 9.10の時はLiveCDでやった時、起動時に言語
    選択のPopupが出て来たと思いますが。。。

  3. Gonさん、初めまして。コメントありがとうございます。
    Live CD を使うということは、USBディスクのままということですね。
    こちらに書いてある日本語レポジトリを当てるとなると、USBディスクのままでは難しいのではないかと思います。

    http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized

    どなたか方法をご存じの方がいらっしゃいましたらぼくも教えて欲しいです。

  4. こんにちわ、

    ttp://viva-ubuntu.com/?p=2721

    ここにある通りにやったらLive USBで日本語環境の構築が簡単にできました。
    u-bornさん貴重な情報ありがとうございました。私は4GBのUSBで64MBを
    FAT32で先頭に割り当て残りは全てext4で使いました。結構快適です。今、この
    投稿もFirefoxから打ってます。

コメントを残す