Ubuntu をメインマシン&ウェブサーバにする

これまで、自宅のデスクトップ・メインマシンは Windows XP の自作機(「デスクトップ」)、自宅サーバは Ubuntu 8.04 をインストールした古いサーバ機(「旧サーバ」)を使ってきた。いろいろな動機で、この2台を一つにまとめてみたくなった。まず、2台を動かすのは電気代がもったいないということ。次に、XPではなく、Ubuntu をメインマシンとして使ってみたいという好奇心。三番目に、仮想マシンで動作するXPがどこまで使えるものかを試したいということだ。

Ubuntu のデスクトップ

当然ながら、旧サーバの使用を止め、使用中のデスクトップに Ubuntu を入れるということである。また、Ubuntu の仮想マシンとして Windows XP を動作させるのである。そのために行わなければならないことはざっと次にようになる。

1. Ubuntu と Windows XP の共用環境の構築

  1. デスクトップのデータをバックアップする
  2. デスクトップに新しいハードディスク(SATA 3.5″)を取り付け、メモリを増設する
  3. ネットワーク環境を整える
  4. デスクトップに Ubuntu 10.04 Desktip 日本語 Remix をインストールする
  5. デスクトップに Oracle VM VirtualBox をインストールする(OSE版でなくPUEL版を使用すること!)
  6. VirtualBox の仮想マシンを作成し、Windows XP (SP1) をインストールする
  7. Windows XP で、Windows Update, Microsoft Update を行い、SP3 の状態に更新する
  8. Oracle VM VirtualBox Guest Additions をインストールし、ホストマシン (Ubuntu) のディレクトリをマウントできるようにする
  9. Windows XP に、必要なソフトウェアをインストールする
  10. Ubuntu と XP の共有フォルダにバックアップしておいたデータを書き戻す

2. ウェブサーバの構築

  1. Synaptic パッケージ・マネージャを使い、必要なソフトウェアをインストールする。OpenSSH, Apache, PHP, MySQL, PostgreSQL, Postfix, vsftpd, BIND(named), Firestarter, ddclient, phpMyAdmin, phpPgAdmin など。
  2. その他のソフトウェアをインターネットからダウンロードしてインストールする。Google Chrome, Google Earth など
  3. SSHを設定し、パスワードレスで安全にログインできるようにする
  4. Apache, PHP, MySQL を設定し、WordPress の実行環境を整える
  5. Postfix を設定し、WordPress から発信されるメールが外部のメールアドレスに配送されるようにする
  6. vsftpd を設定し、WordPress の自動更新機能が利用できるようにする
  7. Webmin を使用し、Apache の仮想ホストを作成する
  8. 旧サーバの /var/www/html のデータをデスクトップの /var/www にコピーする
  9. 旧サーバで WordPress のデータをエクスポートする
  10. ルータの設定を変更し、デスクトップがウェブサーバとしてアクセスされるようにする
  11. デスクトップで WordPress のデータをインポートする(作業中、インポート・プラグインのインストールが必要)
  12. WordPress の各種設定を旧サーバと同じ環境にする
  13. mod_rewrite など Apache 側の設定で不足なものがあれば追加設定する

ほぼ納得できる環境になるまで、およそ3週間かかった、かな?
とりあえず、今日はここまで。

コメントを残す