Ubuntuで自宅サーバ (1) なぜ自宅サーバか

フリーのLinux系オペレーティングシステム Ubuntu 8.04 を導入した自宅サーバで、オープンソースのコンテンツ管理システム Drupal を使い、個人サイト「未来からの記憶へ」 (http://peace.junyx.net/) を、開設した。実際は先日リンククラブのL.H.X. サーバで作成したものを自宅サーバに移転したわけだ。なぜ、L.H.X.ではだめだったのか。自宅サーバを公開するに当たり、克服すべき課題は何か。今回はまず、L.H.X.から自宅サーバに変更した理由を述べる。

最初に書いておくが、L.H.X.はすごいサービスである。ディスク容量は60GBもあるし、ドメインも作り放題だ。OSも CentOS 5 で、搭載しているアプリケーションも新しい。ディスクも二重化してあり、データの信頼性も抜群だ。しかし、残念ながらぼくのニーズには次の点で合わなかった。

続きを読む