「WordPressの使い方」というサイト発見

しばらく前に、家族が所属する団体のウェブサイトをWordPressで構築した。当然といえば当然だが、ユーザさんはWordPressを使ったことがないので、説明書がほしいと言われた。そこで、はたと困ってしまったのである。WordPress の基本的な操作方法を紹介したウェブサイトが見つからなかったのだ。「WordPress入門」というキーワードで見つかったのは、WordPressインストール方法の入門である。ユーザさんには最も重要な記事の投稿の仕方なんか書いてない。

ところが、昨日になってふと思いついた。「WordPressの使い方」でググってはどうだろう? 結果、見事にヒットした。そのものずばり、「WordPressの使い方」というサイトが見つかったのである。

サイトの大見出しは次のようになっている。非常に良くできた構成である。

  • 事前準備
  • WordPressインストール
  • 基本設定
  • ブログ画面の設定
  • パーマリンクの設定
  • カテゴリーの設定
  • リンクの設定
  • 記事の投稿
  • ページの作成
  • ユーザー管理

もちろん、基本的な操作である記事の投稿、ページの作成が解説してある。記事の投稿では画像の挿入の仕方も書いてある。残念なのは、WordPress 2.3までの対応であり、大幅に進化した 2.5 のユーザインターフェースには対応していないことだ。2.5 では画像や他のメディアファイルの挿入方法が変更されているからだ。また、画像レイアウトの基本である、「右寄せ」と「左寄せ」の説明がない。画像の周囲に文字を回り込ませる方法を知らなかったらダサいレイアウトになってしまう。

さて、解説は良くできているし、WordPressを使い始めた人にも紹介したいとは思う。が、しかし、自分ではあまり見たくないし、見ると気分が悪くなる。というのは、本文記事と、画面左上のツリー型ナビゲーション以外のリンクが、全て広告だからだ。記事の周囲をGoogle広告、Amazonアフィリエイト、ドリコムの求人広告が取り囲んでいる。うっかり広告リンクをクリックすることを狙ったサイトレイアウトとしかいいようがない。こういうのって、あまりやりすぎるとまずいんじゃないかな? ぼくも広告やアフィリエイトを掲載しているけど、ナビゲーションを邪魔するようなレイアウトにはしていないつもりだ。

「WordPressの使い方」というサイト発見” への1件のコメント

  1. ピンバック: wordpressの使い方の発見の発見 « KKESYS ブログ

コメントを残す