さよなら、Drupal。お帰り、WordPress♪

1年とちょっとの間、個人ブログのサイト管理システムとしてDrupalを使ってきた。しかし、元々使い勝手が悪く、とくに写真の扱いについては悪夢のようだった。また、Drupalのアクセス解析は原始的なもので、WordPress.com Stats の素晴らしさとは比較にならなかった。この1年の間に、WordPressはバージョン 2.5, 2.6, 2.7, 2.8 へと進化した。現在の最新版は 2.8.3だ。

あまりの使い勝手の悪さに閉口し、DrupalのサイトをWordPressに移行することにした。その作業中に気づいたのだが、数百件のコメントスパムが掲載状態になっていたのだ。Akismetモジュールを有効にしていたのにも関わらず、である。どこまでダメなやつなんだろうか、Drupal。おかげで、WordPressに移行した後もスパマーの攻撃を受けるので、やむなくCaptchaのプラグインを導入するハメになったのだ。

移行は想像以上に大変だった。それに、写真が表示されないなどまだ完全には終わっていない。WordPressはバックアップをとることも、他のCMSに移行することも比較的簡単だし、1年前にWordPressからDrupalに移行作業を行った時は簡単に済んだ。ところが、Drupalは自分自身を他のサーバに移転することすら簡単ではない。まして、他のシステムに移行するのに使えるような機能は全くない。ネットで見つけたSQLスクリプトでなんとか記事を移転したが、SQLを何度も書き換える必要があった。また、カテゴリーが全くデタラメになったので、150件の記事を一つずつカテゴリー変更しなければならなかった。なんてことだ!

いずれにせよ、WordPressの著しい進化と比較して、Drupalの停滞は目に余る。WordPressはCMSとしても優れたシステムとなった。もう、(誰かに強制されない限り)Drupalを使うことはないだろう。

さよなら、Drupal。お帰り、WordPress♪” への1件のコメント

  1. 思い出した。
    Drupalで作ったサイトは自動的には【テクノラティの新着情報に掲載されない】のだった。トップページの記事タイトルのリンクタグに rel=”bookmark” というのを追加しなければならない。テーマがアップデートされるたびに php ファイルを開いてこの作業をしなければならないのが苦痛だったのだ。終いにはこれをやってもうまくいかなくなり、手動でPingを送ったりしてみたが、掲載されたりされなかったり。
    WordPressであれば何の問題もない。

コメントを残す